2013年8月アーカイブ

レイチェルワインのミネラルファンデーション、トライアルセットを試してみました。
カラーは日本人の標準色をチョイス。ヌーディとベージュ、二色のファンデーションとアクセントフェースパウダー、ソフトフィットブラシのセットです。
まず、イエローベースの自分の肌に合うと思われる、ベージュを試してみました。
お肌が湿っているとむらになりそうな気がしたので、朝、洗顔の後に軽く化粧水をつけて、その後軽くティッシュオフしました。
そして、ブラシでトントンくるくるとお肌にファンデーションを乗せていきます。
想像よりはカバー力があり、ちゃんとお化粧している印象の仕上がりになりました。
多少粉っぽさを感じましたが、比較的、見たままのお粉の色が肌に乗った感じです。
そして外出して二時間後くらいでしょうか。お化粧室に行って鏡を見てビックリ。
小鼻に毛穴落ち。
こするとよれてしまいそうだったので、ティッシュで押さえると、皮脂と軽くファンデーションがとれる感じ。
でも、ファンデーションが落ちてしまった感じはせず、まだお化粧感は十分残っています。
むしろ、粉っぽさが消えて肌になじんだ印象で、毛穴落ちも目立たなくなり、悪くないと思いました。
そして、夕方。
頬の辺りに、細かいしわのようなものが。
お肌が酷く乾燥している感じです。
日中の肌とファンデーションがなじんだ感じがとてもよかっただけに、ちょっと残念です。
ふと、昼の毛穴落ちは、乾燥が元になった皮脂の過剰分泌が原因かも、と思いました。
軽く化粧水だけで朝のお手入れを済ませてしまった私の失敗です。
ミネラルファンデーションを使用する時は、しっかりお肌の保湿をしておくことが重要かも、と感じました。

敏感な部分の脱毛経験

現在は脱毛器も技術が進んで素晴らしいと思いますが、以前は針を刺したりする方法が主なやり方で、
この頃から脱毛にはトライしていた私はこうでもしないと美しくなれないんだ、とそれでも頑張っていたのを思い出します。
金額もかかってました。
そして効果がどうかは・・・はたして金額に見合った効果が得られたかと問われたら謎も多く、
それでもあんなに支払って頑張って通ったんだ、という思いで無理やり満足していたように思います。
現在40代の私がこれをやってたのは20代の頃なので、うわぁ、20年くらい前いなるんですね。
そう思うと、今広告なんかで見る金額は本当に安い。
いわゆる敏感な部分、Vラインといわれるところの脱毛を決心したのはそんな安くなったしかも痛くなさそうな脱毛専門の機関を広告で見たからなんですが、その際にお姉さんに「Iラインをやられる方は多いですか?」と聞いたら多くはないけれどいらっしゃいますよ、でも痛がります、とハッキリおっしゃっていました。
Vラインでさえ私は毎回緊張していたのに、Iラインは相当でしょうね。お察しいたします。
でも私の受けたVラインは本当に痛くはなく、数回で綺麗になったのでこれは満足でしたよ。
今の現状はあまりよく知らないけれど、もっともっと技術も進んでいるんだろうなぁ。
安くて痛くない脱毛、これにつきますよ。

ハゲからふさふさに!

今、中年の方だけでなく若い方もハゲで悩んでいる人が結構います。また、男性だけでなく、出産後に栄養がとられてという女性も多いですね。
ハゲは切っても切り離せない悩みなのです。ここで幾つか原因と対策をお話しします。
まず、ハゲは脂が多いから、毛穴が詰まってなる、と勘違いしている方。その方は毎日一生懸命シャンプーしていませんか?
「脂をおとしてやる!」とごしごし爪を立てて洗っていたらすぐやめましょう。
爪をたてると、かえって頭皮が傷つき、髪が抜ける原因となってしまいます。
洗うときは、優しく指の腹で撫でる様にこすりましょう。
これで、大事な脂が必要分だけ残り、余計なものは洗い流されていくのです。
また、シャンプーも毎日ではなく3日に1回くらいがちょうど良いのです。
毎日では、髪が傷みやすく、必要な栄養も落ちてしまいます。
更に、トリートメントやリンスをする時は、地肌につけないようにしましょう。地肌につけると、頭皮が傷んでしまいます。髪の先につけましょう。
実は、紫外線も髪や頭皮を傷つける原因なのです。日差しが強い日は、帽子をかぶる等して、紫外線が頭皮や髪に当たらないように対策をしましょう。
最後に、亜鉛のサプリメントをとると、性欲や髪等に効くと言われています。
ふさふな髪にするには色々な方法があるのです。試してみてください。"

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ