敏感な部分の脱毛経験

現在は脱毛器も技術が進んで素晴らしいと思いますが、以前は針を刺したりする方法が主なやり方で、
この頃から脱毛にはトライしていた私はこうでもしないと美しくなれないんだ、とそれでも頑張っていたのを思い出します。
金額もかかってました。
そして効果がどうかは・・・はたして金額に見合った効果が得られたかと問われたら謎も多く、
それでもあんなに支払って頑張って通ったんだ、という思いで無理やり満足していたように思います。
現在40代の私がこれをやってたのは20代の頃なので、うわぁ、20年くらい前いなるんですね。
そう思うと、今広告なんかで見る金額は本当に安い。
いわゆる敏感な部分、Vラインといわれるところの脱毛を決心したのはそんな安くなったしかも痛くなさそうな脱毛専門の機関を広告で見たからなんですが、その際にお姉さんに「Iラインをやられる方は多いですか?」と聞いたら多くはないけれどいらっしゃいますよ、でも痛がります、とハッキリおっしゃっていました。
Vラインでさえ私は毎回緊張していたのに、Iラインは相当でしょうね。お察しいたします。
でも私の受けたVラインは本当に痛くはなく、数回で綺麗になったのでこれは満足でしたよ。
今の現状はあまりよく知らないけれど、もっともっと技術も進んでいるんだろうなぁ。
安くて痛くない脱毛、これにつきますよ。

2013年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ